Masters of Sound 小松裕行

クリエイティブ・ディレクターとして広告関連の仕事に携わる小松裕行。2009年に自身のデザイン事務所を立ち上げる際、選んだエリアが東東京の馬喰町だった。繊維産業で栄えた問屋街であり、産業形態の変容とともに斜陽を感じさせる地域ではあったが、天井高のある倉庫などが空き家となり、アートやデザイン関連のクリエイターたちに注目されるエリアとなっていた。屋内の螺旋階段で1階と2階がつながっている物件が小松の目を引いた。

「このビルのオーナーが先導役のひとりとなって、2000年代初頭からこの界隈で毎年秋にセントラル・イースト・トーキョーというデザインイベントが行われていました。いまフクモリとなっているこのビルはそのイベント期間中のみ、レセプションスペースとして使用されていました。事務所としてぜひここを借りたいと思っていたら、そのオーナーには、人が集まる場所として使ってくれる人に貸したいという意向があったので、じゃあカフェをオープンしようとなったんです。」

(Standard Body 18px) Lorem ipsum dolor sit amet consectetur. Eleifend arcu non dolor non platea porttitor sed non urna. Vitae sed aliquam sit blandit enim pharetra euismod placerat cursus. Neque facilisi in enim gravida neque ut tempus. Suspendisse facilisis rhoncus sollicitudin parturient elit in eget diam tortor. Id varius sagittis tempus scelerisque nunc mus commodo pellentesque ultricies. Scelerisque feugiat leo nec ipsum etiam lectus sodales donec. Ut cursus in pellentesque nunc. Scelerisque elementum nam tellus tincidunt sit tellus nec. Aliquam pharetra tincidunt eget nulla bibendum pellentesque morbi cursus vel. Sodales justo egestas habitasse tristique hendrerit. Aliquam sit ut sagittis tellus. Faucibus mi arcu id venenatis vel a scelerisque lorem duis. Ut viverra pulvinar fusce orci sodales neque facilisis. Massa blandit suspendisse posuere malesuada.

Praesent feugiat diam quam placerat vitae. Est mattis a mauris cras. Eget scelerisque laoreet viverra tempus cras consectetur congue. Nunc congue ut commodo amet mattis integer lorem. At aenean fringilla dolor leo. Ut aliquam quis auctor sagittis vivamus velit. At iaculis dictum gravida leo sodales condimentum.

Hiroyuki Komatsu 02

1階をカフェに、2階をオフィスに、という発想がそうして生まれた。山形の老舗旅館3軒のブランディングに携わった経験があり、つながりを築いていた小松は、それらの旅館と提携して仕入れ先の生産者から食材を仕入れ、山形の美味しい食材を使った定食を食べられるカフェ・フクモリをオープンする計画を立てた。山形牛を使ったハンバーグや、郷土料理の芋煮、お麩の唐揚げ、玉こんにゃくなど、滋味深い料理に山形の地酒などがメニューに並ぶ。2009年5月の神田祭期間中に開店すると、天井も高くゆったりとした空間で美味しい定食を食べられるカフェとして人気を集めた。そして、文化的な発信もできる拠点にしたいと考えた小松は、音楽に着目した。

Hiroyuki Komatsu 03
Hiroyuki Komatsu 04

「うちのプレス担当の女性がすごく音楽好きで、中島ノブユキさんというピアニストと交流があったので、中島さんのピアノを聴きながら食事やお酒を楽しめる音楽イベントを定期的にできないかと提案してもらったんです。『ピアノナ』というイベント名でフクモリのブログで告知して、予約を受け付けるようにしたら、毎回リリースするとすぐに席がソールドアウトするイベントになったんです。そこからフクモリと音楽の関係が始まりました。」

やがて、中島ノブユキのピアニスト仲間や、共演したミュージシャンなども出演するようになった。また、プロデューサーの鈴木惣一郎によるプロジェクト、ワールド・スタンダードがフクモリの空間を気に入り、定期的にイベントを開催していた。別企画として、生演奏を行う「FM馬喰町(Fukumori Music馬喰町)」というイベントもスタートした。

Hiroyuki Komatsu 05
Hiroyuki Komatsu 06

しかし2020年、新型コロナウィルスによって飲食業界の受難の時代が来た。1年ほどは営業もせず、2022年1月にようやく、テイクアウトなどの業態を試しながら営業を再開した。カフェを営業するだけでも精一杯だったが、飲食とともにいい音楽を求めて来店していた常連客にも喜んでもらいたい。そうした思いから、2023年1月より、ミュージシャンの生演奏をBGMに食事とお酒を楽しめる「OTO TABE OTO NOMI(オト タベ オト ノミ)」と題するイベントを毎週木曜日に開催することになった。

「音楽チャージ制ではなく、チップ制の音楽イベントです。食事をしようとフクモリに来たらたまたまミュージシャンが演奏していて、気に入ったらポチ袋にチップを入れていただければと。1月から続いて四半期が終わったということでの集大成も兼ねて、また、創業時と同じ神田祭の日に周年祭をしたいと考えて、今日のライブとDJプレイを交えたイベントを企画しました」

「OTO TABE OTO NOMI」で使用されるのは、KEFのスピーカー。ミュージシャンが登場して行うライブ演奏が毎週木曜日の基本プログラムで、月に1回はDJプレイだ。EDMなど、あまりオーディオマニアが聞かないような音楽もあえて選び、KEFのキャパシティの広さが伝わってくるラインナップで展開する。

Hiroyuki Komatsu 07
Hiroyuki Komatsu 08

「チープな言葉になりますが、KEFのスピーカーの音は本当にクリアで澄んでいるんですよ。音が伸びやかに聞こえる。今日の14周年祭でも、生演奏とDJのプレイで『OTO TABE OTO NOMI』の4ヶ月を振り返ることができたらと思っています。」

神田祭の当日を選んで開催されたフクモリ14周年祭では、KEI YAMAZAKI、春、中村義響(TYP!CAL)、橋下徹(SUBURBIA)がDJとして参加し、Voliと浅野昭一ジャズバンドがライブを披露。山形料理がフィンガーフードとして提供され、大いなる賑わいを見せた。小松は最後にこう語る。

「フクモリでは以前に高座を設けて、立川談春師匠にお越しいただき落語会を催す機会などがありました。また真打筋の噺家さんにフクモリが設けた高座に上がっていただいて、マイクを通してKEFのスピーカーから流すことができたら、ブルブルっとくるような落語体験ができるのではないかと思っています。」

当たり前の光景としてカフェが営まれ、スタッフと客とのコミュニケーションが生まれ、そこに音楽が流れる。街の景色に馴染んだカフェとして、フクモリは常連も一見も分け隔てなく受け入れ続ける。

Hiroyuki Komatsu 09

(Quote form) Sit neque eu aliquet nec habitant amet. Amet turpis ac nisi quam et. Interdum interdum vitae proin id dui sed. Iaculis semper consequat sapien in viverra. Nisl adipiscing auctor tortor facilisis rutrum habitasse ante quis. Porttitor at orci viverra gravida. Nisi ut orci nunc amet tincidunt morbi. Sed dapibus nunc imperdiet et et.”

(Quote form) Sit neque eu aliquet nec habitant amet. Amet turpis ac nisi quam et. Interdum interdum vitae proin id dui sed. Iaculis semper consequat sapien in viverra. Nisl adipiscing auctor tortor facilisis rutrum habitasse ante quis. Porttitor at orci viverra gravida. Nisi ut orci nunc amet tincidunt morbi. Sed dapibus nunc imperdiet et et.”

(Standard Body 18px) Lorem ipsum dolor sit amet consectetur. Eleifend arcu non dolor non platea porttitor sed non urna. Vitae sed aliquam sit blandit enim pharetra euismod placerat cursus. Neque facilisi in enim gravida neque ut tempus. Suspendisse facilisis rhoncus sollicitudin parturient elit in eget diam tortor. Id varius sagittis tempus scelerisque nunc mus commodo pellentesque ultricies. Scelerisque feugiat leo nec ipsum etiam lectus sodales donec. Ut cursus in pellentesque nunc. Scelerisque elementum nam tellus tincidunt sit tellus nec. Aliquam pharetra tincidunt eget nulla bibendum pellentesque morbi cursus vel. Sodales justo egestas habitasse tristique hendrerit. Aliquam sit ut sagittis tellus. Faucibus mi arcu id venenatis vel a scelerisque lorem duis. Ut viverra pulvinar fusce orci sodales neque facilisis. Massa blandit suspendisse posuere malesuada.

Praesent feugiat diam quam placerat vitae. Est mattis a mauris cras. Eget scelerisque laoreet viverra tempus cras consectetur congue. Nunc congue ut commodo amet mattis integer lorem. At aenean fringilla dolor leo. Ut aliquam quis auctor sagittis vivamus velit. At iaculis dictum gravida leo sodales condimentum.

(Standard Body 18px) Lorem ipsum dolor sit amet consectetur. Eleifend arcu non dolor non platea porttitor sed non urna. Vitae sed aliquam sit blandit enim pharetra euismod placerat cursus. Neque facilisi in enim gravida neque ut tempus. Suspendisse facilisis rhoncus sollicitudin parturient elit in eget diam tortor. Id varius sagittis tempus scelerisque nunc mus commodo pellentesque ultricies. Scelerisque feugiat leo nec ipsum etiam lectus sodales donec. Ut cursus in pellentesque nunc. Scelerisque elementum nam tellus tincidunt sit tellus nec. Aliquam pharetra tincidunt eget nulla bibendum pellentesque morbi cursus vel. Sodales justo egestas habitasse tristique hendrerit. Aliquam sit ut sagittis tellus. Faucibus mi arcu id venenatis vel a scelerisque lorem duis. Ut viverra pulvinar fusce orci sodales neque facilisis. Massa blandit suspendisse posuere malesuada.

(Quote form) Sit neque eu aliquet nec habitant amet. Amet turpis ac nisi quam et. Interdum interdum vitae proin id dui sed. Iaculis semper consequat sapien in viverra. Nisl adipiscing auctor tortor facilisis rutrum habitasse ante quis. Porttitor at orci viverra gravida. Nisi ut orci nunc amet tincidunt morbi. Sed dapibus nunc imperdiet et et.”

小松裕行

クリエイティブディレクター/アートディレクター/コピーライター/ブランドデザイナー
株式会社 ヒロユキコマツ/K.K.H.K-brand design  CEO 東神田「カフェ・フクモリ」オーナー・ディレクター。
ユニチカ株式会社 テキスタイルデザイン室 adidas Japan K.K.クリエイティブディレクター adidas Originals マーケティングディレクターを歴任
2009年 株式会社 ヒロユキコマツ/K.K.H.K-brand designを設立。

ナショナルブランド、地方企業のパートナーとして、ブランド課題解決のための戦略設計、広告プロモーション計画、広告クリエイティブ、CI、VIデザイン、映像製作、などを得意とする。

主なクライアントとのブランドデザイン実績:adidas/Reebok/Levi’s/GLOBAL WORK/LOWRYS FARM/HANES/CHAMPION/PUMA/CONRAD TOKYO/YAMAGATA DESIGN/YINGLI SOLOR etc

FIND OUT MORE ABOUT HIROYUKI KOMATSU

More Master of Sound

橋本徹

ミュージシャンが来店してライブ演奏を行う音楽イベント「OTO TABE OTO NOMI」を毎週開催し、山形県から仕入れた美味しい食材でつくられた定食を楽しめる東京・馬喰町のカフェ・フクモリ。

もっと見る

北島明

CDジャケットや雑誌、広告などのフォトグラファーとして活躍を続ける北島明は、無類のオーディオマニアとしても業界では有名だ。

もっと見る