Connect. Set. Play. LSX II:聴く・見る・遊ぶ

01. 新たなテレビの楽しみ方

  • 01. 新たなテレビの楽しみ方
  • 02. 新たなゲームの楽しみ方
  • 03. レコードの新時代
  • 04. サブウーファーで感じる重低音
  • 01. 新たなテレビの楽しみ方
  • 02. 新たなゲームの楽しみ方
  • 03. レコードの新時代
  • 04. サブウーファーで感じる重低音

臨場感あふれるサウンド体験

LSX IIは、究極のオーディオ体験のために開発されました。正確で没入感のあるサウンド体験にこだわったエンジニアによって開発されました。ゲームでも、お気に入りのテレビ番組でも、レコードでも、LSX IIがリビングルームに臨場感あふれるサウンドをお届けします。

01. 新たなテレビの楽しみ方

テレビが薄型化したからといって、サウンドも薄型化する必要はありません。LSX IIは、ホームシアターにも最適です。コンパクトなオールインワン・スピーカー・システムで、ハイレゾでバランスの取れたサウンドをお届けします。

テレビへの接続

LSX IIは、テレビからのHDMIオーディオ・リターン・チャンネル(eARC)出力に対応しています。このため、ケーブル1本で統合制御が可能です。

スピーカーはHDMI CECにも対応しているため、テレビのリモコンを使ってスピーカーの音量を調整できます。

ちょっとしたヒント

LSX IIを接続するには、テレビの設定を少し調整する必要があります。テレビメーカーによっては、CEC接続(SimplinkやAnynet+など)とHDMI ARCに異なる名称を使用している場合があります。

02. 新たなゲームの楽しみ方

ゲームクリエイターが、現実世界と間違うほどリアルなゲーム世界を構築するのと同様に、臨場感のあるサウンドは、ゲームの中にいるかのような気分にさせられます。ここでは、LSX IIでゲームを楽しむ方法をご紹介します。

HDMIケーブルでの接続

HDMIケーブルを使用する場合は、LSX IIがテレビに接続され、設定が正しいことを確認してください。

光デジタルケーブルでの接続

HDMIケーブルを使用できない場合は、光デジタルケーブルで代替えが可能です お使いのゲームデバイスに光デジタル出力がある場合は、代わりにそれを使用できます。この方法では、プライマリ スピーカーの背面にあるデバイスの光デジタル出力ジャック (「O」マーク) を使用して、デバイスから LSX II に直接接続できます。

03. レコードの新時代

LSX IIがあれば、レコード鑑賞も楽しめ、レコード独自の温かみのある音質を再発見できます。お使いのターンテーブルによっては、フォノステージが内蔵されている場合があります。ただし、別途フォノステージが必要な機種もあり、その場合はLSX IIに接続するアナログステレオケーブルが必要になります。

AUXケーブルの使用

LSX II ではAUXケーブルが搭載されています。ターンテーブルにアナログオーディオ出力がある場合は、オーディオケーブルでスピーカーを接続できます。このケーブルをデバイスの出力ジャックに差し込み、もう一方をプライマリースピーカーの背面にあるAUX入力ジャックに差し込みます。

正しいモードを選択

KEF Connectを開き、“AUX”モードをオンにしてください。または、プライマリースピーカーのトップパネル、またはリモコンから選択することもできます。接続が成功するとアイコンが点灯し、お使いのデバイスで再生をコントロールできるようになります。

04. サブウーファーで感じる重低音

サブウーファーは、深みのある低音を楽しめます。映画鑑賞でも、ゲームでも、お気に入りのプレイリストを聴くときでも、スケール感豊かな音を感じてください。KEFのサブウーファーの製品についてはこちらをご覧ください。

サブウーファーの設置場所

LSX IIでは、両方のスピーカーにサブウーファー接続端子があるため、1台または2台のサブウーファーを追加できます。サブウーファーは、部屋の前面、または少し横にずれて配置できます。最適な場所を見つけられるように、それぞれ異なる部屋や場所で試してみることをおすすめします。KEF Connectアプリを使うことで、簡単にサブウーファーの登録や設定が可能です。

サブウーファーの接続

サブウーファーはケーブル接続を行います。RCA接続による接続が必要となります。プライマリースピーカーの背面パネルにあるサブウーファー出力ジャック(「S」と表示されています)を使用するだけです。