Connect. Set. Play. LS50 Wireless II:開封と接続

01. 箱を開ける

  • 01. 箱を開ける
  • 02. 接続する
  • 03. KEF Connectをダウンロードする
  • 04. 聴く
  • 01. 箱を開ける
  • 02. 接続する
  • 03. KEF Connectをダウンロードする
  • 04. 聴く

01. 箱を開ける

私たちのサウンド&エンジニアリング・チームが、基本的なことからお手伝いします。このスピーカーが革命的である理由をご覧ください。精密さとピュアなサウンドにこだわるKEFの製品をお楽しみください。

スピーカーを取り出す

スピーカーを箱から取り出す際は、スピーカーの側面を持ちましょう。非常にデリケートなため、高性能Uni-Qドライバーに触れないようにしてください。また、スピーカー背面のヒートシンクの波紋、繊細にカーブした前面、細部の色の輝きなど、デザインにもご注目ください。

KEFからのアドバイス

電源プラグを差し込む前に、2つヒントをお伝えします:

  1. 音には空間的な性質があり、バーチャルなステージを作り出します。
  2. スピーカーは耳の高さにくるように置いてください。音に関しては、第一印象が大切です。

02. 接続する

テレビやターンテーブルなど、他の機器を接続します。これについては、”聴く・見る・遊ぶ “をご覧ください。
箱の中に追加のケーブルが入っています。これはスピーカー間ケーブルです。スピーカーはワイヤレスで接続されるので、通常はケーブルは必要ありません。しかし、ハイファイ・サウンドへの旅を続けるのであれば、使った方がよいかもしれません。スピーカーからさらに高い解像度を引き出すことができます。

スピーカーに電源を入れる

どちらのスピーカーにも電源が必要です。スピーカーを接続すると、プライマリースピーカーのWi-Fiアイコンが白色とオレンジ色に点滅します。これは、両方のスピーカーがホームネットワークに接続できたことを知らせるためです。

03. KEF Connectアプリのダウンロード

スピーカーのセットアップとコントロールには、アプリストアからKEF Connectアプリをダウンロードする必要があります。最初に起動すると、アプリは新しいKEFアカウントを作成するよう案内します。このアカウントにより、スピーカーの能力を最大限活かせるような設定ができます。

04. 聴く

スピーカーをWi-Fiに接続

スピーカーはご自宅のWi-Fiネットワークに接続する必要があります。公衆回線にはセキュリティの都合上、ご利用いただけない場合があります。

iOS用のセットアップ

アプリを起動したら、”Speakers Nearby”(近くのスピーカー)リストからスピーカーを見つけて選択し、画面の指示に従います。スピーカーに新しい名前を付けることができます。コントロールパネルのWiFiアイコンの点滅が止まり、白色に点灯し、スピーカーリストに緑色のチェックマークが表示されたら、準備が完了です。

今すぐダウンロード

Android用のセットアップ

アプリを起動したら、位置情報サービスを使用し、”Speakers Nearby”(近くのスピーカー)リストからスピーカーを探します。Google Playサービスを使用している場合は、追加のプロンプトが表示されます。スピーカーに新しい名前を付けることができます。コントロールパネルのWiFiアイコンの点滅が止まり、白色になり、スピーカーリストに緑色のチェックマークが表示されたら、準備が完了です。

今すぐダウンロード

サウンドの違いを感じてください

すべての耳はハイファイ・サウンドを認識できます。思い浮かべてください:あなたはコンサートに来ています。コンサートが始まり、ステージに明かりが溢れ、最初のコードが鳴り響く。その後、激しい音で会場が盛り上がる…。あなたは一瞬でライブの虜になるのです。

KEFのスピーカーはレコーディングをパフォーマンスに変えるために作られています。それはHiFiサウンドシステムだけが提供できるものです。

次のページでは、音楽にアクセスする最も便利な方法の1つであるストリーミングの設定について細かくご紹介します。

アプリのアップデート

KEF Connectアプリは常に改善されていますので、必要な時にアップデートしてください。これを行う最も簡単な方法は、お使いのデバイスでアプリの自動アップデートを有効にしておくことです。

このスピーカーの特徴は?

LS50 Wireless IIは世界で初めてUni-Qドライバーを採用したスピーカーです。1988年に初めて開発されたUni-Qドライバーは、常に改良を重ね、部屋いっぱいに広がる自然なサウンドを実現しています。最新の第12世代Uni-Qを搭載したLS50コレクションは、ドライバー後部から不要な音をキャッチするメタマテリアル吸収技術(MAT)を世界で初めて採用したスピーカーとして、さらなる音の飛躍を遂げました。これらのスピーカーは、1961年にレイモンド・クックがKEFを立ち上げたときの大きなアイデア、すなわち、優れた音響性能を達成するために新しい素材と工学的手法を使用するという考えを反映しています。

アンプなど、何か別のものは必要ですか?

いいえ、必要ありません。LS50 Wireless IIは、専用設計のアンプ4台、プリアンプ、デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)、デジタル・アナログ・コンバーター(DAC)、高品位ミュージック・ストリーマーを搭載したアクティブ・ワイヤレス・スピーカー・システムです。あとは音楽を楽しむだけです。

ケーブルの長さは?

電源ケーブルは各2メートル、スピーカー間ケーブルは3メートルです。より長いケーブル間スピーカーが必要な場合は、最大長8メートルのシールド付きCAT6ケーブルをご購入ください。

なぜスピーカー間ケーブルが必要なのですか?

ワイヤレス接続が不安定な場合に使用します。

なぜイーサネットケーブルが必要なのですか?

イーサネットケーブルを使用することで、より安定したインターネット接続が可能になり、高音質の音楽をストリーミングする際の信頼性を最大限に高めることができます。

LS50 Wireless IIはどのようなルーター仕様に対応していますか?

LS50 Wireless II は、2.4GHz と 5GHz の両方の Wi-Fi バンドをサポートしています。また、次のネットワーク規格にも対応しています: IEEE 802.11a/b/g/n/ac, Ipv

ファームウェアのアップデートは?

私たちは常に新しい機能や改善を追加しています。ファームウェアのアップデートが可能になると、KEF Connectアプリがお知らせし、簡単なプロセスをご案内します。スピーカーを常にアップデートしておいてください。

箱の中身
  • スピーカー2個(プライマリ1個、セカンダリ1個)
  • リモコン1個(単4電池2本付き)
  • スピーカー間ケーブル1本
  • 電源ケーブル2本
  • 印刷物 クイックスタートガイド、安全情報、保証情報。
Accordion Panel

より詳しい情報やトラブルシューティングについては、FAQページをご覧ください。